税理士による会社設立の代行サービス

会社設立代行の利用

趣味や資格、経験を活かした起業を考えている人が増えてきました。起業ブームとも言われ、多くの人が会社を設立しています。平成18年に会社法が改正され、会社設立は、以前に比べて簡単になりました。わずかな資本金でも株式会社が設立でき、取締役が少なくても会社が作れるようになりました。作成する書類も少なくなり、平成18年以降、会社新設の数は、毎年増加しています。

とはいえ、会社の設立は、専門的な書類の作成が必要な会社設立。実際の登記申請には1週間から10日かかると言われています。手続きのために、公証人役場や法務局などに行く必要もあり、この日数は、実質必要な日数と考えるべきでしょう。

自分でもできる会社設立手続きですが、実は問題もあります。会社には株式会社や合同会社などの種類があります。日本では株式会社が一般的ですが、株式会社設立には、税金や保険料、必要手続きの数などの点でデメリットもあるのです。そういった点を知らずに株式会社を設立すると、会社の存続に関わる問題になることもあるのです。

そんな問題を避けるためにも活用したいのが、会社設立代行サービスです。中でも税理士による会社設立代行サービスは、会社設立に関わる書類作成だけではない、さまざまなメリットをもたらしてくれます。会社設立時に何を考えておくべきか、は、あなたの会社が存続していくためにも重要なポイント。そのサポートをしてくれる税理士の会社設立代行サービスについてご紹介します。


起業に必要な税務の目
Previous post
会社設立代行の利用
Next post