税理士による会社設立の代行サービス

税理士ができること

会社設立時に税理士ができることは、そのほかにもあります。会社には消費税を納める義務がありますが、起業後は免税期間が設定されています。免税期間はさまざまな条件で決められているので、免税期間が最長になるような資本金や決算月の決め方をアドバイスできるのは、税理士ならでは。また、株式会社では役員報酬を毎月同額で支払わねばならず、その金額は、1年間変更できないというルールがありますが、それを踏まえて役員を決めなければ、税金面からの大きな問題を避けることができます。これらは、会社設立時に、税務関係に精通していなければ、決めることはできない部分。税金に関する法律は複雑で難しいので、プロである税理士の意見を聞けば、支払う金額を最低限に抑えられるような調整が可能になります。

また、開業時の融資についてのサポートが受けられるのもメリットの一つ。税理士は金融機関とおつきあいがあり、創業時でも税理士からの紹介があれば融資が受けられることも。創業融資につながりやすい事業計画書の作成もサポートしてくれるため、初めての起業の人も安心して金融機関への相談ができます

そもそも、起業する際、税務的に見て、個人事業がいいのか、法人のほうがいいのかも含めた相談もでき、無駄に法人化して、大きな損益を出すことを防ぐこともできます。


顧問契約で安定経営を
Previous post
起業に必要な税務の目
Next post